スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


首相動静(6月10日)(時事通信)

 午前8時現在、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。朝の来客なし。(了)

裁定事件が最多に=09年度公害紛争処理白書(時事通信)
28歳女性の顔殴り路上強盗 大阪・西成(産経新聞)
国会延長、政府・民主党内の意見が二分(読売新聞)
口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
「好奇心から…」薬剤師を覚醒剤所持で逮捕(産経新聞)

鳩山首相「一言で言えば努力しなかった」(産経新聞)


【ユートピア主張してこそ】

 「私が申し上げたいこと。最後に(欧州連合の父と呼ばれるオーストリアの政治思想家)クーデンホーフ・カレルギー、友愛という、私が政治信条として価値観、あるいは生きざま、さまざまありましょう。国としてもありましょう。しかしそういったものを乗り越えて、好き嫌いではなくて、価値観が違っていても、みんながお互いに自分たちが自立していこうと努力をする。そしてその中で、1人だけではやっぱり生きていけない。1つの国だけでは生きていけない。お互いに助け合い、尊敬し合おうじゃないか。それを相互補完して、よりよい人格を形成をしていく人生を歩めるようにお互い助け合っていくと。違う価値観をお互いに認め合うことができる社会というものを作り上げていく友愛という精神。こういった精神を最初に私に、私の祖父・一郎ではありますが、最初に教えてくれたのがクーデンホーフ・カレルギーという偉大な先駆者であったと思っています」

 「彼の言葉は『すべての偉大なる歴史的な出来事はユートピアとして始まり、現実として終わった』と。まずは最初はだれもできないだろうなと。彼が発想としたのはいわゆるヨーロッパの共同体という発想でした。当時、もう100年以上前の話ですから、だれもできるとは思わない。しかし、現実に今、通貨の統合という方向までできあがったということでありまして、ユートピアだと思っていたものが、しかし、ユートピアを常に主張し続けることによって最後は現実となるんだ。理想も語らなければ決してそれは現実になっていかないんだということでございます。それを信じる人間の数と、実行力にかかっている。多くの方がそのことを信じてくだされば、必ず実現ができる。そのように感じているところでございます」

 「みなさん一人、一人がよりよい社会を築いていくために、いかに貢献しうるか。自分の得意分野でがんばるぞと。その精神をもってがんばることによって、必ず自分自身にとってもハッピーな人生を生み出すことができると信じておりますし、そのことが結果として、この国という、国民のみなさんの、あるいはアジアを中心とした世界のみなさん方の未来にとって必ず大きな魅力のある光となる。そのことを心から信じてがんばっていきたいと思っております。ご静聴ありがとうございました」

<この後、学生からの質疑応答>

 −−午前中に行われたディスカッションに参加している博士課程の学生からいくつか質問させていただきたいが、よろしいでしょうか

 「あーどうぞ。ノーって答えはないでしょ(会場笑い)」

【博士号の意味、難しい】

 −−博士の学位を取ったことで得られたことは。政治の世界で生かされたことは

 「難しいな。実は正直申し上げると私は博士という学位はとっておりません、Ph.D.という、アメリカでの博士に匹敵するものではあると思っておりますが、日本における博士課程ではありません。東工大に行ったときに工学部長から、『君、これではなかなか学問の道では無理だぞ。博士を取れよ』と言われました。『君が出しているPh.D.の論文を日本語に訳したら取れるかもしれんぞ』といわれて(会場笑い)、嫌だそんなことということで、今日まで博士課程でも学んでおりませんでしたので博士号は取得しておりません。ただPh.D.をとったと。それによってとったことは何が意味があったかということは難しい」

<中略>

 「科学をもっと積極的に用いていくことが必要だと思っております。それが足りないんじゃないかと。理工系の学生たちが大蔵省、財務省などの行政の分野で必ずしも十分な数いないんじゃないか。そこの力関係の問題があろうかと思っておりますが、ぜひ、自分たちの考え方に基づいて立て直していこうじゃないかというみなさんが行政の分野に、政治の分野に入っていこうとする努力をすることがこの国の将来にとって重要なのではないか。私自身がオペレーション・リサーチの学問が必ずしも、必要だなと思いながら十分に役立たせることができないことが非常に残念に思います。ただ、いろんな、菅(直人)君との議論の中で、そういう話をしていることは、頭の体操の中では役にたつことは時々あることも事実だと思っております」

【なんにも努力しなかった】

 −−鳩山首相が政治・行政の分野に進出するにあたって努力したことは

 「政治、オペレーション・リサーチの学問をしながら政治の中に生かしたいと思ったことは事実ですが、そのことと、しかし、政治の中に入ろうと思って努力をした中身はまるで違う話でございまして、やはり、私は、よく言われておりますが、家族的に『鳩山』という家が政治を志す人間が多かっただけに優位性があったと認めます。まったく友人、知人がいないような北海道で選挙戦を戦ったわけですが、そのときは祖父(鳩山一郎元首相)の名前があったおかげで有利に働いていたことは、それは率直に認めるべきです」

 「ただ、政治・行政にみなさん方がもし入られようとしたときに私はぜひ、理系の方々がもっともっとそういった分野に入るべきだと思います。そのためには自分自身を磨いて自分の魅力を積極的にアピールすることだと思っておりますし、人の魅力というものが政治行政の中でまさに魅力を認められれば人が動かされるわけでありますから、自分自身を磨くことが最も求められることではないか。理系の人たちというのは、自分たちがなかなか机上で仕事をするとか、人とのつきあいの中で仕事をする環境ではない。社会科学の分野の人たちの方がはるかに人間的な交流があつかったりする。むしろ人間的なつきあいというものの重要性をみなさんも認められた方がよろしいかと思っております」

 「私は政治家になったときに鳩山の家のお坊ちゃんなんだからと。そんな、たとえば田んぼに入って泥の中で握手なんてできるわけねえだろと思われていたと。そういう先入観がもともとあって、理工系の人たちはそういう目で見られているかもしれません。そんなもんじゃ全然ないよと。むしろ、自分というものをありのままに素直に見せきるということがある意味で一番大事な努力なのかなと思っておりまして、あまり自分を偽るような無理なことを行うよりも、むしろ人間臭さというものを丸出しにする努力を、理工系の方たちがした方が政治行政の分野に進むに当たって評価をされるんじゃないか。私としてはそのように思っております。すなわち一言で言えば、なんにも努力しなかったということかもしれません(会場笑い)」

【関連記事】
鳩山氏はシャツで没落 米紙コラムニスト酷評
菅氏母校で鳩山首相「私より千倍頭切れる」
菅新首相は早期来県を 民主沖縄県連が要望
首相就任の夫に「ご愁傷様…」和製ヒラリー・菅夫人の素顔
岡田氏ら11閣僚再任内定 蓮舫氏ら起用も
「はやぶさ」帰還へ

特定専門看護師、「あくまで検討を承認」―看護系大学協・中山会長(医療介護CBニュース)
<人事>日銀(3日)(毎日新聞)
乗用車転落 3人死亡 千葉・成田(毎日新聞)
民主選対委員長に安住氏内定(時事通信)
自民は「風の変化」を警戒(産経新聞)

クラシックカー 全国から名車が大集合 愛知・長久手(毎日新聞)

 全国から名車が集まる「クラシックカー・フェスティバル」が23日、愛知県長久手町の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)であり、親子連れや愛好家ら約9000人でにぎわった。同町のトヨタ博物館が主催。毎年恒例の公道パレードには雨の中、全国から約90台が参加した。1935年製の国産車「ダットサンフェートン」など自慢の名車が同公園から出発し、町内14キロを走行した。園内では同館所蔵の名車も展示された。【稲垣衆史】

【写真で見る】トヨタ2000GT:幻の名車、銀座を疾走

【関連ニュース】
【人気のハイブリッドカーのルーツは】赤いヨタハチだった
【関連記事】ミゼット:45年ぶり雄姿 姫路・日本工科専門学校生、消防車風に再生
【懐かしいシーン満載】東京モーターショー:国民の夢や希望も映して半世紀
【クラシックだけど】フェラーリ:57年型テスタロッサが過去最高の11億8000万円で落札

<強盗>愛知・大治町の郵便局に2人組の男 120万円奪う(毎日新聞)
所持金44円の男が焼き肉23点、12時間無銭飲食(スポーツ報知)
<H2Aロケット>打ち上げ成功 衛星の開発者ら「感動の笑み」(毎日新聞)
元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
赤ちゃんポスト、3年目は15人=虐待の疑い例なし―熊本市(時事通信)

<普天間移設>現行案の見直し、米に理解求める…下地氏訪米(毎日新聞)

 国民新党の下地幹郎国対委員長は20日、ワシントンを訪れ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、米上院のイノウエ歳出委員長、ウェッブ東アジア太平洋小委員長と会談した。

 記者会見した下地氏は、会談で「鳩山由紀夫首相は月末までの日米合意に強い思いを持っている。海兵隊の(日本側負担である)グアム移転予算経費は来年度予算の概算要求に盛り込む」と説明し、現行案の見直しに理解を求めたという。これに対し、イノウエ氏は「日米合意に注目している」、ウェッブ氏は「できるだけ早く日本の明確な考えを聞く必要がある」と応じたという。

【関連ニュース】
普天間移設:10〜15年後見直し 日米共同声明に明記へ
普天間移設:「政権合意なく問題」福島少子化相
普天間移設:27日に知事会 訓練の分散移転受け入れ協議
普天間移設:下地氏が渡米 米議会関係者と意見交換へ
普天間移設:日米4閣僚共同声明も 政府対処方針に合わせ

自殺3万2845人 自殺率 20、30代で最悪(産経新聞)
裁判員制度 守秘義務、対象事件 見直し論高まる(産経新聞)
大阪・マンション2人刺殺、容疑の44歳男逮捕(読売新聞)
子ども手当、修正含め検討=一部現物支給も−長妻厚労相(時事通信)
野党、口蹄疫拡大で集中審議を=郵政法案、午後審議入り(時事通信)

「ほっともっと」が勝訴=弁当販売、FC契約違反認めず−東京地裁(時事通信)

 フランチャイズ(FC)契約に違反したとして、弁当販売事業を展開する「ほっかほっか亭総本部」(東京都港区)が、現在は別ブランドの「ほっともっと」で営業するプレナス(福岡市)に約106億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であり、小林昭彦裁判長は「違反は認められない」と請求を棄却した。
 判決によると、プレナスは2008年5月まで、総本部と結んだFC契約に基づいて九州、東日本地域で営業。この間、05年に「ほっかほっか亭」の字体を変えた新たな商標を登録したり、07年に総本部が決めた店員向けの新ユニホームの使用を拒否したりした。
 総本部側は一連の行為が契約違反に当たると主張したが、小林裁判長は「総本部のみがブランドを一元管理していたというのは困難」などと退けた。
 FCシステム運営をめぐる両社の関係についても、「総本部は経営ノウハウ提供や運営指導をほとんど行わなくなり、組織の上下関係は逆転していた」と指摘した。
 ほっかほっか亭総本部の話 到底容認し難く、控訴を含め検討する。 

首相「訓練移転だけでも」 徳之島3町長は拒否(産経新聞)
【チャイム】もうすぐ見納め「日本一過密な単線踏切」(産経新聞)
普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難−政府(時事通信)
偽装献金、首相元秘書の有罪判決が確定(読売新聞)
「重大な思い、変わらぬ」=社民党首(時事通信)

欠勤・遅刻職員12%、懲戒処分に発展…大阪市(読売新聞)

 不祥事が相次ぐ大阪市は27日、2009年4月〜今年2月までに無断欠勤など不適切な勤務をした職員514人のうち、12%にあたる63人が、何らかの不祥事を起こして懲戒処分を受けていたと発表した。

 全職員で懲戒処分を受けた比率は0・5%で、勤務態度の悪さが、不祥事につながっている実態が浮かび上がった。

 不祥事根絶を目指す市の「服務規律確保プロジェクトチーム(PT)」の会合で報告された。

 市によると、無断欠勤のほか、遅刻・早退など、不適切な勤務をした職員514人と不祥事の関係を調査。無断欠勤をした13人のうち4人(30%)が、遅刻・早退をした196人のうち30人(15%)が、それぞれ懲戒処分を受けていた。

 市は、今回の調査結果を受け、「勤怠の不良と不祥事発生の関連が一定認められる」として、勤務態度の悪い職員に対し、研修などを通じて徹底した指導を行う。

元秘書有罪「一生の戒めに」=鳩山首相(時事通信)
交番の警察官に生卵=容疑で少年ら逮捕−警視庁(時事通信)
鳩山首相不起訴相当 検察審査会の議決要旨(産経新聞)
首相動静(4月22日)(時事通信)
<iPS細胞>臨床研究で使用可能に 厚労省専門委が指針案(毎日新聞)

重要文化財に「杉本家住宅」など 新たに8件指定(産経新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は16日、京都市内に残る伝統的な町家建築「杉本家住宅」と有明海干拓地に築かれた総延長5.2キロの堤防と樋門(ひもん)「旧玉名(たまな)干拓施設」など8件を新たに重要文化財に指定するよう、川端達夫文部科学相に答申した。これで建造物の重文は2367件となる。

               ◇

 重文などを答申されたのは以下の通り。かっこ内は所在地など。

 【重要文化財】旧木下家住宅1棟(福井県勝山市)▽旧賓日館本館など3棟(三重県伊勢市)▽清流亭主屋(おもや)など3棟と土地(京都市)▽杉本家住宅主屋など4棟と土地(京都市)▽名草神社本殿など2棟(兵庫県養父(やぶ)市)▽琴ノ浦温山荘主屋など3棟(和歌山県海南市)▽旧西村家住宅1棟と土地(和歌山県新宮市)▽旧玉名干拓施設末広開潮受(すえひろびらきしおうけ)堤防など7カ所(熊本県玉名市)

 【重要伝統的建造物群保存地区】桜川(さくらがわ)市真壁(まかべ)伝統的建造物群保存地区(茨城県桜川市)

【関連記事】
アライグマの仕業? 平等院鳳凰堂に引っかき傷
重文の仏像盗まれる 大阪・能勢の今養寺
クモ出没で仏像展の公開認めず 文化庁が新潟市美術館に苦言
太平洋戦争「ニイタカヤマノボレ」無線塔、観光資源・重文に
小雨したたる葺き替え屋根 石庭の龍安寺、拝観再開
外国人地方参政権問題に一石

欧州の日本人も、成田の外国人もSOS(読売新聞)
鳩山首相、天気も政権運営も荒天模様?(産経新聞)
富士通役員らを提訴…投資会社、名誉棄損で(読売新聞)
飲食店にガソリンまき放火 容疑の男ら逮捕(産経新聞)
露大統領「領土問題から逃げない」(産経新聞)

自民・小池氏が離党届提出(時事通信)

 自民党の小池正勝参院議員(58)=徳島選挙区=は19日夕、党本部で林幹雄筆頭副幹事長と会い、離党届を提出した。同党は今後、党紀委員会を開き、離党届の扱いを審査する。
 小池氏は同日午後、徳島県庁で行った記者会見で、夏の参院選徳島選挙区の候補を県連が公募で内定したことを「密室で候補者選定を行った」と批判していた。離党届提出後、記者団に「参院選に向けて頑張る」と述べ、同選挙区から出馬する考えを重ねて強調した。 

<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)
「党内ゴタゴタだめ」小沢氏が青森で団結強調(読売新聞)
核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着−核安保サミット(時事通信)
<Rikejo>理系女子を応援 先輩に悩み相談も 携帯、PC、会員誌も 7月から講談社(毎日新聞)
<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)

八王子駅ビル殺傷で元会社員が懲役30年 東京高裁(産経新聞)

 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで平成20年7月、中央大の女子学生ら2人が死傷した無差別殺傷事件で、殺人などの罪に問われた元会社員、菅野昭一被告(35)の控訴審判決公判が14日、東京高裁で開かれた。植村立郎裁判長は、求刑通り無期懲役を言い渡した1審東京地裁立川支部判決を破棄、「被告に精神遅滞があったことを考慮すれば、無期懲役は重すぎる」として懲役30年を言い渡した。

 1、2審を通じた争点は刑事責任能力で、弁護側は「精神遅滞などで、被告は心神耗弱状態にあった」と主張していた。

 植村裁判長は、責任能力を認めた1審と同様に「犯行当時、自己の行動を制御する能力はあった」として心神耗弱にはあたらないと判断した。一方で、「責任能力を減退させる精神遅滞があった」と指摘、計画性についても「当初から無差別大量殺人として2人以上の殺害を計画していたとは認められない」として減刑した。

 判決によると、菅野被告は20年7月22日夜、駅ビル内の書店で客の女性=当時(21)=に包丁で切りつけて重傷を負わせた上、アルバイト店員の中央大4年、斉木愛(まな)さん=当時(22)=の胸を包丁で刺し、死亡させた。

【関連記事】
八王子駅ビルの無差別殺傷で無期懲役 「秋葉原のような大事件を起こせば両親が困る」
八王子の無差別殺傷事件で、無期求刑
宇治の小6女児殺害、学習塾に約9800万円の賠償命令
コンクリ投下男に懲役9年 「覚醒剤で心神耗弱」 さいたま地裁
大阪と京都で3人を刺した石津被告に懲役20年
外国人地方参政権問題に一石

着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」−米貨物機炎上・安全委(時事通信)
岡部まり氏を民主擁立、14日に正式表明へ(読売新聞)
修復終え黒漆塗りも鮮やか 銀閣寺お披露目(産経新聞)
伝統工芸を上海万博から発信 岩手をアピール「巨大南部鉄瓶」(産経新聞)
住居侵入容疑で海自隊員逮捕=「空調工事に来た」と言い訳−山口県警(時事通信)

震災21世紀機構 震災の聞き取り調査本出版へ(産経新聞)

 阪神大震災の復興プロセスを記録に残し、後世にいかすために体験者や行政などの当事者から聞き取り調査を行ってきた公益財団法人「ひょうご震災記念21世紀研究機構」(貝原俊民理事長、神戸市中央区)は9日、聞き取り内容をまとめ、分析した本『大地の雄叫(おたけ)び、ひとびとの悲鳴−大震災の証言より』を今秋にも出版することを明らかにした。22日に兵庫県公館で行う研究報告会で概要を発表する。

 平成9年12月に設立された「阪神・淡路大震災記念協会」が10年から始め、18年に組織を継承した同機構が調査を続けていた。聞き取りはプライバシーの問題などを考慮し、30年間は公表しないことを前提に計431人に行ったが、世界各地で大震災が相次ぐ状況に、経験と教訓の共有・発信が早急に必要と判断。遺族以外の聞き取り作業はこれで終了することにし、了解を得られた対象者分について本にまとめた。

 本では、遺族のほか国や自治体の危機管理対応の実態を紹介。その後の復旧・復興に関する証言から、生活の再建や、新しいまちづくりの過程、危機管理体制の変化などがまとめられている。

 遺族の聞き取りはこれまで、神戸大の学生有志らが中心となって361人に実施。犠牲者全員の遺族に対する聞き取りを目指しており、昨年末から関西学院大やNPOなどに協力を求め、活動の範囲を広げている。

【関連記事】
高齢の被災者ら今も災害住宅に 能登半島地震3年で黙祷
阪神大震災の再開発地区で初の代執行
9月時効…兵庫県内の震災貸付264億円、回収困難
地震発生予測 検証実験 「当たるモデル」条件探る
全国50万基…防火水槽に再生術 早く安く耐久性同じ、市職員発明 
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<学術会議>国に提言 若手研究者の待遇向上などに対策求め(毎日新聞)
古里の新聞が認知症緩和 専門家「回想法が脳を刺激」(河北新報)
<強制わいせつ>消防士を逮捕 バス車内で女性の足触り(毎日新聞)
「うれしさ半分、緊張半分」=眞子さま、ICUに入学(時事通信)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
NHKマイル
クレジットカード現金化 比較
現金化
クレジットカード現金化 比較
天皇賞 春
宝塚記念
クレジットカード現金化 即日
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM